« 和光市の地域包括ケアシステム | トップページ | 折り紙はじめました »

2016年9月 3日 (土)

狛江市医師会の市民講座

今日は狛江まで行き、狛江市医師会の市民講座を聞きに行ってきました。
講師は飯島勝矢東大教授で、健康寿命を延ばす内容でした。

飯島教授は、高齢になって筋力や活力が衰えた「虚弱」段階を「フレイル」と名付け、健康と要介護の中間と捉えて予防意識を持つことを呼びかけています。
健康長寿の為の『3つの柱』は、栄養(食・口腔機能)と身体活動(運動)と社会参加(就労・余暇活動・ボランティア)と主張されていました。

講演の後には全国ラジオ体操連盟指導委員(全国で15名しかいないそうです)によるラジオ体操指導がありました。

狛江エコルマホール(宮地楽器大ホールと同じくらいの広さ)がほぼ満員となる盛況ぶりでなかなか良かったです。

広瀬

« 和光市の地域包括ケアシステム | トップページ | 折り紙はじめました »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2121979/67324426

この記事へのトラックバック一覧です: 狛江市医師会の市民講座:

« 和光市の地域包括ケアシステム | トップページ | 折り紙はじめました »